難解なゴルフをもっと早く上達させて「楽しいゴルフ」を与える為には、当ミッションが
行っている『オンコースミッション』・・ 同じ所から何回も打ち直せる「理想の練習法」
この練習方法を全国に拡げて行きたいと思います。
ご一緒に事業としてボランティアとしてご協力頂ける方を募集します。
ご希望の方は、このHPのお問い合わせ又は次のアドレスにてご連絡をお願い致します。
http:://www.golfmission.net

愛知県からいらした3人の方を御殿場でお迎えしました。
Sさんはゴルフ歴6年の年間15回ほどラウンドするスポーツマンタイプの方でテニスのプレーヤーです。
ご本人の希望はアプローチとバンカーをもっと上手に成りたいとのことでした。
スイング軌道に問題が有り同時にフェースの開閉が激しい事が確認できました。

1日でテークバック側の軌道とフェースの動きを理解でき、アプローチとバンカーが上手に成りましたが、大きなショットでは未だフォローサイドの軌道が極端にインサイドに引き込んでしまいフェース面も下を向いてしまう(右手主導スイング)原因はインパクトでの勘違い、そしてそれを強めているグリップとフィニッシュ位置の間違いが「上達への邪魔」をしています。
ボールを捉えるカンはとても素晴らしい能力を持っていますから、シンプルなゴルフを身に着ければ楽々シングルに成れる方でした。

ご本人のレッスン後の感想は、スイングの勘違いが判り問題点を練習して又参加したいが遠いので半年に1回位で定期的にレッスンを受けたいとのお言葉でした(開催場所が中部地方でも開催して欲しい・・・と加えられていました)

Kさんはゴルフ歴2年で年12回ラウンドするパワフルな男性です。
学生時代にはサッカーをしていたとのことですが、大変身体が大きく体型的には日本代表クラスのラガーかと思える方でした。
ゴルフのスイングは自己流でスライスとダフリ、トップに悩んでいる方でした。
ゴルフ歴が少ないことも良かったのですが、1日で見違える様なスイングが出来る様に成り、ボールもスライスもせずナイスショットが打てる様に成りました。
今までの力一杯の無茶なスイングが別人の様に変化し、アイアンのダフリ、トップも出ない「見事なスイング」が出来る様になりました。

SFさんはゴルフ歴5年のアベレージゴルファーです。
ベストスコアは76ですが、アプローチをもっと上手にと希望していました。
独特のテークバック(軌道とフェース面)で器用にショットをしていますが、傾斜面ではミスショットが多発してしまう「良くない打ち方」で本人も「実はそうなんです」と困っていました。
ほとんどのゴルフ場にはアンジュレーション(起伏・傾斜面)が有りますから、正しいグリップとスイング軌道、そしてフェースの動きをマスターしないと真の上級者にはなれません。
もっとゴルフが簡単になれる練習をして行けば「強いゴルファー」になれます。

河嶋